トピックス・ブログ

Topics / Blog

2018.10.16

CHILE BLOG⑤ ブログ ブログ

! Hola ¡


第5回も3WMチリの所在しているイキケ市の自由貿易区ZOFRI(ZONA FRANCA IQUIQUE)からブログをお届けします!


今回のテーマは、チリの車事情です。



チリでは、日本とは逆の左ハンドル・右側通行で車を運転しなければいけません。


ということは、私たちが販売している日本の中古車はハンドルが逆になってしまいます。(両方運転できる日本と違って、左ハンドルしか運転してはいけないことになっています。)



そこで行うのが、“ハンドル交換”です。


日本から来た中古車は、ハンドルを右から左に改造して販売します。



この作業は、専門のハンドル交換業者に頼むのですが、出来栄えはこのようになります。



例えばこのDEMIOをハンドル交換に出しました。




元のハンドルの状態はこんな感じです。


 


 

↓そして約1週間の工程を終えた同車両がこちらです!


 


ハンドルが反対になりました!!
パワーウィンドウのスイッチも移動しています。



ハンドル交換に出た車両は、いつも何事も無かったかのようにハンドルが逆になって帰ってくるので、個人的に不思議に思っていました・・・


そこで今回は、現在ハンドル交換を頼んでいる2社へ飛び込み訪問してきました!



一件目は、VolkswagenのCross POLOを修理中のこちらの業者です。


 


 

正直なところ、ハンドル交換の工場はあまりきれいではありません・・・


 


 

中に入ると、10台前後の車がボンネットを開けて置かれています。


 


 

こちらのPOLO、ハンドル交換前はこのような感じでしたが・・・


 


 

       ↓


 


 

現在はこんな状態でした。


 

ハンドル交換も車によって難易度が違い、費用や期間も異なります。


こちらのPOLOはかなり難しいらしく、交換業者を探すことにもかなり時間がかりましたが、費用が460.000ペソ(約8万円)、期間は一ヶ月程の見込みで、現在もまだ完成していません。(例えばDEMIOのハンドル交換ですと、350.000ペソ(約6万円)で一週間程度が一般的です。)



さて、もう一軒の業者はというと、


 


 

(本当にここなのか半信半疑で鉄板の小窓から声を掛けます。)


 


 

入ってみると、今回は広めの敷地に日よけの布がかかった場所でした。


雨が滅多に降らないイキケでは、よく見る光景です。


 


 

先日お客さんに販売したHONDA CIVICが先程と同様に交換作業修理中でした。



今回の訪問では、実際作業している様子はお昼時のため見ることは出来ませんでしたが、チリ向け車両販売の裏側はなかなか興味深い現場でした。




~~~~プチ情報~~~~


需要の高いDEMIO等のサイドミラーは盗難に遭いやすいため、事前に取って保管し販売!


 



¡Ciao!

カテゴリー: 3WM チリ ブログ

top top