トピックス・ブログ

Topics / Blog

2018.09.28

3WM CHILE ③ ブログ

¡ HOLA !


今回のチリブログでご紹介するのは、3WMチリの所在しているイキケ市の


自由貿易区ZOFRI(ZONA FRANCA IQUIQUE)のごはんです。


ZOFRIで働く私たちが、普段何を食べているのかを紹介したいと思います。



ZOFRIで最もよく利用するのは、MALL ZOFRIもしくはパキスタン人の経営するカレー屋です。


(レパートリーの少なさには涙が出ますが、基本的にはこの二つです。)


                                                                                    MZOFRIはZOFRIにあるショッピングモールであり、モール内のフードコートには様々なレストランが集まっています。


 


 



とはいえ、コの字型のフードコートのなんと半分がバーガー系ショップ!


価格やメニューに少しずつ違いはあるとはいえ、日本では考えられない店の立ち並びです。


実はパンの1人あたりの年間消費量が世界2位※1のチリ!


どの店舗にも一定数のお客さんがいるので納得できます。


(※80㎏超で、日本の約5倍。ちなみに1位は意外にもトルコで160㎏超。。)


 



ちなみにOISHIというお寿司屋さんもあります。


正直あまり流行っていない様子ですが、注文すると、カウンターで巻きずしを作ってくれます。


(かなり強く握ってくれるのでお寿司は結構固めでした。)


実はイキケにもお寿司屋さんは多く、15店以上はあります。


しかし日本料理というよりは、キャリフォルニアロールのようなまさに海外のSUSHIという感じのものばかりです。




続いて、パキスタン人の多いZOFRIならではのパキスタンカレー屋さん。


 


 

メニューは鶏肉、牛肉、羊肉、ひき肉などのカレーやドライカレー、ベジタリアン用の豆カレーがあります。


 


 



しかしながら、同じカレーでも日によって味や辛さが全然違うので、飽きない理由の一つかもしれません。


ちなみに辛さが違うと言っても、基本的には全て汗が出る辛さです(T_T)




そして会社から徒歩1分のCASA ROJA。


その見た目からカサロハ(スペイン語で赤い家)と呼ばれています。


この赤い屋台は他にもZOFRI内でいくつかあり、軽食などを売っている売店のようなものです。


 



朝ごはんを食べられなかった従業員は会社から近いこのCASA ROJAでサンドイッチを買うのがお決まりです。


 



またZOFRIの中では、パラソルの付いたカートを押して歩く売り子がたくさんいます。


 


彼女は毎日のようにオフィスにジュースを売りに来るので、3WMではおなじみの売り子、MARIAさんです。



車の多いZOFRIの道をすり抜けながら、彼女たちはジュースや菓子パン、エンパナーダ等を売っています。




みなさん、ZOFRI飯はいかがでしたか?


もちろんですが日本で食べるような料理は無く、正直日本食が恋しくなることは多々あります。



とても魅力的!という訳ではありませんが、これからも多様なZOFRI特有の食を楽しみたいと思います。



Ciao


 

カテゴリー: 3WM チリ

top top