トピックス・ブログ

Topics / Blog

2018.07.16

メルセデスベンツ300D 115114 オールドベンツ その2 ブログ

こんにちは3WMのミスターTです。




中古車、中古自動車部品を海外現地法人の


ドバイ、チリ、ウガンダの3拠点で


販売してきた経験を活かし




海外ネットワークを活用し、日本と比べて


人件費が安い海外で旧車をレストアして


再輸入するプロジェクトを進行中です。




日ごろの営業活動で海外へ輸出する為の


車両を仕入れるために


中古車オークション会場にいくと



レストアするのも大変そうな


状態のひどい古い車を見かけることが


あります。



今回の車両は



昭和50年 メルセデスベンツ300D です。


1975年 型式115114



オークションの


現状車コーナーで不動車の状態


落札した





縦目のヘッドライトが


クラシックでエレガントな


このメルセデスは



レストアの為に


UAEに輸出しましたが



その人気は


世界中で衰えることなく



中古車や中古オートパーツを


買付に来ている



アフリカの


バイヤーさん達から



「How much?」



と聞かれることが


多かったので



売物じゃないことと


不動車であることを


そのたびに伝えるのですが



「No Problem, How much?」



となかなか引き下がって


もらえずに



中古車バイヤーさん達の


反応からも



オークションで応札者が


多かったことが


納得できます。




到着した車両はさっそく


修理工場に持ち込みましたが、



UAEのドバイ、シャルジャの


インダストリアルエリアには


多くの整備業者が集まっており



最近は北米から


輸入される事故車の


修復をメインで行う業者も多く


どの整備業者も修復の


経験値は高そうです。




修理、整備に慣れている業者が


多いことも海外で


車をレストアするメリットかも


しれません。







エンジン不動の原因は


カムシャフトとのことで



シャルジャの中古オートパーツ市場から


良質な中古のパーツを探して


交換してもらいます。



中継貿易地点としての役割が強く


再輸出用の乗用車や商用車の


エンジンや足回りのパーツの


在庫量は豊富なUAEの


中古パーツ市場で


ベンツのパーツが見つかるかには


不安がありましたが、



シャルジャの中古パーツ市場には


ベンツやBMWの


中古パーツ専門店もあり


再利用できそうな中古パーツが


見つけられるとの事で


ひとまず安心しました。



ガスケットなどは新品パーツの


入手ができるので交換してもらいます。




 

カテゴリー: レストア

top top