トピックス・ブログ

Topics / Blog

2018.03.06

イスズ 117クーペ レストア その3 ブログ

こんにちは3WMのミスターTです。



 


中古車、中古パーツを海外現地法人の


ドバイ、チリ、ウガンダの3拠点で


販売してきた経験を活かし




海外ネットワークを活用し、日本と比べて


人件費が安い海外で旧車をレストアして


再輸入するプロジェクトを進行中です。




海外へ輸出する為の車両の仕入に


中古車オークション会場にいくと



レストアするのも大変そうな


状態のひどい古い車を見かけることが


あります。



今回の車両はこちら



昭和54年 ISUZU PA96 117クーペ



ジウジアーロがデザインした優雅な曲線が


美しい旧車をレストアします。



オークション現状車コーナーで見つけた


不動車状態の車両を輸出し、



現地到着後に輸入通関をおこない


海外現地のワークショップに持ち込んで



車両の状態を見てもらうと、



不動の原因はエンジンコンピューター


ということが分かりました。



「直すのにいくらかかりますか?」


 


ワークショップを訪問すること


5件目の業者から



やっと出た見積り金額は



「エンジンCPUの修正に7000Dhs



日本円にして20万円 !!


 


交渉前のファーストプライスとは言え



「高い...」 



「ディスカウントOK?



値下げ交渉を粘って7掛けになったと


しても14万円、



日本で修理を依頼して仮に14万円で


直ったとしたら安いのか



海外に車を運んでレストアする目的は


安く直すこと



知恵を絞って考えた結果、



ヤフオクで PA96 117 エンジンCPU で


キーワードで検索し



ありました!!



エンジンCPU ハーネスセット


即決価格2万円


 


ユーズドインジャパン


の品質を信じて



ヤフオクで即決



国際郵便のEMSで


アラブ首長国連邦に発送



発送費用は6,000円で


7日ほどでドバイに着くようです。



分解、取り付け工賃の安い


ドバイなら



中古エンジンCPU、


国際郵便、取り付け工賃を


あわせても



40,000円くらいで直るハズ



カテゴリー: レストア

top top