コンプライアンス

反社会的勢力への対応に関する基本方針

当社グループは、反社会的勢力に対して、次に掲げる基本方針に基づき対応します。

1. 組織としての対応
反社会的勢力からの不当要求に対しては、担当者や担当部署だけに任せずに、組織全体として対応します。
また、反社会的勢力からの不当要求に対応する役職員の安全を確保します。
2. 外部専門機関との連携
反社会的勢力による不当要求に備えて、平素から、警察、暴力追放運動推進センター、弁護士等の外部専門機関と緊密な連携関係を構築します。
3. 取引を含めた一切の関係遮断
反社会的勢力とは、取引関係を含めて、一切の関係を遮断します。また、反社会的勢力による不当要求は拒絶します。
4. 有事における民事と刑事の法的対応
反社会的勢力による不当要求に対しては、民事と刑事の両面から法的対応を行います。
5. 裏取引や資金提供の禁止
反社会的勢力の不当要求が、事業活動上の不祥事や役職員の不祥事を理由とする場合であっても、事実を隠蔽するための裏取引は絶対に行いません。また、反社会的勢力への資金提供は、絶対に行いません。

ページトップへ↑



「内部通報制度」の運用

エンビプログループではエンビプログループ内における法令違反その他不正行為の早期発見、適切な対応策が執れるよう「内部通報に関する規程」を設け、エンビプログループ全従業員に周知しております。それに基づき、組織的または個人的な法令違反等の行為、あるいは法令違反等の行為に該当する恐れのある行為について報告・相談できる窓口を㈱エンビプロ・ホールディングスに設置し受付をしています。いかなる報告・通報であっても、通報者が不利益を被らないことを保障しています。

相談から改善までの流れ



ページトップへ↑